このページには自動翻訳されたテキストを含めることができます。

はじめる

この記事では、Docotic.Pdf ライブラリを使用して WinForms、コンソール、または ASP.NET アプリケーショ ンで PDF ファイルを処理するための基本のいくつかを説明します。

Docotic.Pdf の使用を開始する

Docotic.Pdf ライブラリのインストール

NuGet からのインストール

始める最も簡単な方法は、NuGet から BitMiracle.Docotic.Pdf パッケージをインストールす る ことです。

NuGet Manager を初めて使用する場合は、この クイックスタート記 事 を参照してください。

手動でインストールする

  1. Docotic.Pdf ライブラリの最新リリースを 当社のサイト からダウンロードします。 ライブラリは ZIP パッケージとして配布されます。
    ZIP パッケージには、次の 2 つのバージョンのライブラリが含まれています。
    • .NET 4.0 以降のフレームワークのバージョン
    • .NET Standard 2.0 以降のフレームワークのバージョン。

    ZIP パッケージには、すべてのサンプル プロジェクトと使用許諾契約が記載されたファイルも含まれています。

  2. ダウンロードした ZIP パッケージを任意の場所に解凍します。

ランニングサンプル

Docotic.Pdf サンプルは、ZIP パッケージの Samples フォルダーにあります。 C# 言語で書かれたサンプル コードを使用する場合は、SamplesCSharp ソリューション ファイルを開きます。 VB.NET バージョンの場合 は、SamplesVB.NET ソリューション ファイルを開いてください。

同じサンプル コードを複製したり、GitHub のサンプル リポジトリ からダウンロードしたりできます。

時間をかけてサンプルを確認してください。 これは、アプリケーションに PDF 処理機能を追加するのに役立ちます。

WinForms、コンソール、または ASP.NET アプリケーションでの Docotic.Pdf の使用

  1. Visual Studio IDE を開きます。 新しいプロジェクトを作成するか、既存のプロジェクトを開きます。

  2. [参照の追加] ダイアログを開き、BitMiracle.Docotic.Pdf.dll への参照を追加します。

    • ライブラリを GAC に追加した場合、拡張機能リストには BitMiracle.Docotic.Pdf アセンブリが含まれます。
    • あるいは、ZIP パッケージを抽出した場所を参照し、そこから DLL を選択することもできます。

「参照の追加」ダイアログを使用して Docotic.Pdf を追加する

DLL を手動で参照する代わりに、BitMiracle.Docotic.Pdf への NuGet 参照を追加できることに注意してください。

System.Drawing 名前空間および GDI+ の型との相互運用性を提供するメソッドとプロパティにアクセスするに は、BitMiracle.Docotic.Pdf.Gdi 拡張 DLL への参照を追加する必要があります。 DLL は ZIP パッケージ内 にあるか、NuGet から BitMiracle.Docotic.Pdf.Gdi パッケージをインストール で見つかります。

HTML を PDF (または SVG から PDF) に変換するには、BitMiracle.Docotic.Pdf.HtmlToPdf 拡張 DLL への参 照を追加する必要があります。 DLL は ZIP パッケージにも含まれていますが、DLL を手動で追加するのでは なく、NuGet から BitMiracle.Docotic.Pdf.HtmlToPdf パッケージをインストールす る ことをお勧めします。

レイアウト エンジンを使用して PDF ドキュメントを作成するには、BitMiracle.Docotic.Pdf.Layout 拡張 DLL への参照を追加します。 このエンジンはコンテンツを自動的にページに分割し、ページのヘッダーとフッ ター、表、段落のサポートを提供します。 DLL は ZIP パッケージ内にありますが、DLL を手動で追加するの ではなく、NuGet から BitMiracle.Docotic.Pdf.Layout パッケージをインストールす る ことをお勧めします。

  1. DLL への完全な参照を入力しないようにするには、C# のソース ファイル内の既存のステートメントに次の using ステートメントを追加することをお勧めします
    using BitMiracle.Docotic.Pdf;
    

    VB.NETではこれを使用します:

    Imports BitMiracle.Docotic.Pdf
    
  2. C# プロジェクトで、アプリケーションのソース コードに次のメソッドを追加します
private static void helloPdf()
{
    // string.Empty をライセンス キーに置き換えます
    BitMiracle.Docotic.LicenseManager.AddLicenseData(string.Empty);

    string outputName = "hello.pdf";
    // ASP.NET アプリケーションでは、代わりに次の行を使用してください:
    // string outputName = Server.MapPath("hello.pdf");

    using (PdfDocument pdf = new PdfDocument())
    {
        // 最初のページに「Hello world」を描画します
        PdfPage firstPage = pdf.Pages[0];
        firstPage.Canvas.DrawString(20, 20, "Hello world!");

        pdf.Save(outputName);
    }

    // 保存されたドキュメントをデフォルトの PDF ビューアで開きます
    System.Diagnostics.Process.Start(new System.Diagnostics.ProcessStartInfo() {
        FileName = outputName,
        UseShellExecute = true,
    });
}

For a VB.NET project use this

Private Shared Sub helloPdf()
    ' string.Empty をライセンス キーに置き換えます
    BitMiracle.Docotic.LicenseManager.AddLicenseData(String.Empty)

    Dim outputName As String = "hello.pdf"
    ' ASP.NET アプリケーションでは、代わりに次の行を使用してください:
    ' Dim outputName As String = Server.MapPath("hello.pdf")

    Using pdf As New PdfDocument()
        ' 最初のページに「Hello world」を描画します
        Dim firstPage As PdfPage = pdf.Pages(0)
        firstPage.Canvas.DrawString(20, 20, "Hello world!")

        pdf.Save(outputName)
    End Using

    ' 保存されたドキュメントをデフォルトの PDF ビューアで開きます
    System.Diagnostics.Process.Start(
        New ProcessStartInfo() With {
            .FileName = outputName,
            .UseShellExecute = True
        }
    )
End Sub
  1. コードから helloPdf() メソッドを呼び出します。 これにより、hello.pdf ファイルが生成され、デ フォルトの PDF ビューアで開かれるはずです。

デフォルトの PDF ビューアの hello.pdf

結論

これで、Docotic.Pdf ライブラリを使用してアプリケーションで PDF 関連の機能を開発できるようになりま す。 ただし、これはほんの始まりにすぎません。 ライブラリに付属のドキュメントをよく読み、サンプルを 確認することをお勧めします。 Bit Miracle blog もチェックしてみてください。